けん玉オヤジじゃ。
ワシは百姓をしておる。農家ともいう。
今日本の農業がどうなっとるか知っておるかの?

ニュースや学校の授業なんかでも耳にしたことがあるかもしれんが、
人手不足、後継者不足、そして高齢化が問題となっておる。
これは農業に限った話ではないがのぉ。

出典: 農水省「農業労働力に関する統計」


ご覧の通り農業人口は平成22年から10年と経たんうちに約3割減少し、
そのうちの約7割が65歳以上じゃ。
数字で見るとその深刻さが際立つのぉ。

もちろん国もそれはわかっていて、新規就農者を増やそうとあれやこれやと躍起になっておる。
お陰で就農者自体は増えておるが、農業人口の減少には歯止めがかからぬ。
恐らくその傾向はこれからも変わらんじゃろ。
となれば、今まで耕作していた面積を今までより少ない人手で耕さねばならんということじゃ。

そこで農地を有力な担い手に集積し作業の効率化、機械化、ICT(情報通信技術)等の導入が進められておる。
最近はスマート農業( ロボット技術やICTを活用して超省力・高品質生産を実現する新たな農業)なんて言われておるのぉ。
田植え機やトラクターの自動化というのも実用化されてきておる。
トラクターが畑を耕しているが、中には誰も乗っていない!
な~んて光景をみるのも珍しくなくなる日がくるわけじゃ。

それはそれで望ましいことのようにも思えるが、これが末端の農家まで導入が進むのは時間がかかるじゃろうな。いや、そもそも導入できんかもしれん。

その一方で耕作放棄地の面積は年々増えておる。

出典:農水省「荒廃農地の現状と対策について」

国の根幹をなす農業等第一次産業が衰退するということは、食料の生産能力が低下するのとイコールじゃ。
足りない分は輸入に頼ればいい??
本当にそうじゃろうか?
食べ物を他国に握られるということは外交でも日本は強く出れなくなる。
それに世界的な飢饉が起きた場合、同じように輸入して食料を賄うことは可能じゃろうか?
そう考えると食料生産できない国がいかに脆弱であるか想像できる。

話がそれたが、農地面積が減り、耕作放棄地が増えるということは、食料の生産能力が低下してきていると取れるわけじゃ。

現状打破には大きな転換が必要ではないか。

田舎の百姓の戯言だと聞いてもらえればよいが、確かに耕作放棄地は増えておる。
じゃがそれは逆に農地面積を増やすこともできるという事じゃ。
技術革新も必要なことじゃが、
ワシはやはり農業人口を増やすことが根本的な解決方法のように思う。

江戸時代あたりは日本の人口の8割が農民じゃった。
正直この数字はこじつけにすぎんが、
要はそれぞれが自給することを目的にみんな農家になったらええじゃろうという事じゃ。

ただ、皆が皆専業の農家になろうという意味ではないぞ。
ここで重要なキーワードは半農半Xじゃ。
聞いたことがある者もいるかもしれんのう。

半農半Xとは、京都府出身の塩見直紀(しおみ・なおき)さんが1995年ごろから提唱している新しい生き方・暮らし方です。家庭菜園や自給といった農的な要素を取り入れた生活への関心が高まるにつれ、半農半Xについての関心も高まり、現在は関連するイベントやセミナーなどが各地で行われるほどです。

塩見直紀さんとも交友があり、自らも半農半X生活に取り組む髙坂勝さんによると、半農半Xとは「自給することをベースに(半農)、自分の長所や天性を生かして世の中に貢献し、人生を全うする生き方」と語ります。「自給(農)と、自分のナリワイ(X)を組み合わせて生計を立てる生き方ですね。ナリワイというのは、雇われず、自分の好きなことで、労働に見合ったお金と『ありがとう』を言ってもらえるような世の中の役に立つ仕事、という意味で使っています」。

引用:マイナビ農業

耕作放棄地や大きな農家が嫌がる(作業効率が悪くなる)小さな畑を半農半Xが借り受け耕す。
今はフリーランスが流行っとるじゃろ?
得意なことをしつつ野菜を作り自給する。
足りない分は専業農家が供給したらいいと思うんじゃ。
以外と上手くいくんじゃないかと思うとるんじゃがどうじゃろうか?

逆に専業農家も昨今の異常気象、自然災害を考えると、
農業+αという形が必要だと思うんじゃよ。
近年、6次産業化(生産+加工+流通販売)しましょうとよく言われとるが、
この事業展開だと結局生産部分が打撃を受けたら全ての部分に大きな影響がでる。
あまりリスクヘッジにもならんのじゃ。

だとすればこれからの時代は気候変動も考えると
農業とは別の方向に事業展開するのが良いのではないかと思うておる。
経営セミナーとかにいくと最も手を出しちゃいけないと言われる部分じゃな。

今の国の農業政策だと農地集積、大規模化それに付随する効率化等々が叫ばれておる。
だがそれは自然災害にあった時のリスクも大きくなるということも覚悟しなくてはならん。
であるならば、半農半X、農業+αというのが妥当な気がするのぉ。

まあワシが農業について考えることは概ねそんなところじゃの。

半農半Xという生き方 決定版 (ちくま文庫) [ 塩見直紀 ]

価格:836円
(2019/12/7 23:17時点)
感想(0件)

半農半Xの種を播く やりたい仕事も、農ある暮らしも [ 塩見直紀 ]

価格:1,760円
(2019/12/7 23:19時点)
感想(0件)

Twitterでフォローじゃ

おすすめの記事