けん玉オヤジじゃ。
連作障害は土壌の生物性の偏りが原因の1つとなっておる。
これは以前記したが、 
今回は土壌生物とはどんな種類があってどんな働きをしているのか。
その辺を詳しく記していこうと思うておる。
 
 関連記事:連作障害とは何か?その対策は?

土壌生物の種類と働き

土壌中には、原生生物(アメーバなど)、微小藻類、センチュウ類、
糸状菌、細菌、放線菌が生息しておる。
これら土壌生物の中には作物生産にとって有益なものや
害を及ぼすものもあるが、自然界における最も大きな役割は、
有機物を分解し物質循環を進めている分解者であるということじゃ。

土壌生物の量は、普通の畑に1a(100㎡)当たり平均して、
生菌体で約70㎏、乾燥菌体で約14㎏程存在すると言われておる。
そのうちの70~75%が糸状菌、20~25%を細菌が占め、
土壌動物(ミミズなど)は通常5%以下じゃ。

因みに畑と水田では存在する土壌生物の種類が異なるわけじゃが、
水田では酸素が少ないから酸素を多く必要とする糸状菌は少ないんじゃ。

多くの微生物は腐生微生物(有機物を餌にする)で宿主には侵入しない。
生きた宿主に侵入し有機物をもらう微生物は、
病原菌として作物に影響を与える寄生微生物と、
窒素固定する根粒菌やリン酸を供給するVA菌根菌など
作物にとって有益な共生微生物とがおる。

作物生産上特に影響が大きいのは、
作物に病気を起こすフザリウム菌(糸状菌の一種で病原菌が多い)で
条件が整えば作物に侵入して病気を起こす菌なんじゃ。

根圏生物の多様性と病原生物の侵入

作物の根は有機酸、アミノ酸、糖等を分泌するが、
これらは土壌微生物の餌となり、根の周囲に集まってくる。
この、根の影響の及ぶ範囲の土壌を根圏と呼ぶが、
こうした根圏土壌では土壌微生物の密度が高いんじゃ。

根圏微生物に多様性があると病原微生物が抑制されるが、
これは非病原菌と病原菌の間で餌と住む場所を巡って競争が起き、
素早く増殖した非病原菌が多く占めると、
少数の病原菌を排除するからじゃ。

つまりごくありふれた非病原性の微生物も
病気の抑制効果を持っているが、
病原菌の密度が上がると抑制することはできなくなるんじゃ。

微生物の多様性が如何に大事かわかるじゃろ?

そしてこれはセンチュウについても同じことが言えるんじゃ。
自活性センチュウのように作物に被害を与えないセンチュウが増加すると、
作物に被害を与える寄生性センチュウは増加しにくくなる。

つまり、病原生物の侵入を抑制するためには、
根圏微生物に多様性を持たせることが重要というわけじゃ。

そして微生物の多様性を持たせるには
堆肥などの良質な有機物の施用が効果的。
というわけじゃな。

土壌生物性を学ぶ②に続くぞい。

関連記事:虫がこない!野菜が良く育つ土作り

スポンサーリンク

【あす楽対応】完熟 堆肥 【田舎の堆肥】 25L

価格:850円
(2019/12/15 23:01時点)
感想(38件)

Twitterでフォローじゃ

おすすめの記事