けん玉オヤジじゃ。
前回は植物に必要な栄養素には何があってどんな働きがあるのか?について学んだが、
今回からは 各元素ごとに植物体内での主な働きを1つ1つ詳しく学んでいくぞい。

関連記事:肥料の働きを学ぶ①

窒素とは何か?

窒素は肥料の中でも土壌中で不足することが多く、肥料の3要素と呼ばれるもの(窒素、リン、カリウム)の1つじゃ。

植物細胞の主成分であるタンパク質などを構成する成分で、一般に葉肥(はごえ)と呼ばれておる。主に葉や茎の成長を促す要素となっていて、作物の生育・収量・品質に最も影響するんじゃ。

土壌中の窒素は、有機態窒素と、無機態窒素に大きく分けられ、作物によって直接利用されるのはアンモニア態窒素や硝酸態窒素のような無機態窒素がほとんど。

じゃが、土壌中の無機態窒素の割合は極めて小さく、大部分は作物残渣、堆肥、有機質肥料、微生物菌体等の有機物に含まれる有機態窒素で存在する。
有機態窒素は土壌微生物によって徐々に分解され、無機態窒素に変化して作物に利用される。この有機態窒素のうち、無機態窒素に変化してくる窒素を「地力窒素」というんじゃ。

作物の根は一般に窒素を硝酸態窒素かアンモニア態窒素で吸収する。水稲やレンコンのように酸素の少ない還元土壌で生育する作物はアンモニア態窒素を好んで吸収するものが多く、畑作物のように酸素の多い土壌で生育する作物は硝酸態窒素を好んで吸収するんじゃ。

畑作物はアンモニア態窒素が多いと根の活性、光合成等が低下し、生育が阻害される場合が多い。
畑では有機質肥料や尿素はアンモニア態窒素に分解され、アンモニア態窒素は土壌中の硝化菌の働きで硝酸態窒素になるんじゃ。

畑地土壌での窒素の働き

窒素と作物生育との関係

①窒素の適正含有量は作物の種類によって異なる

窒素は作物の生育に最も影響し、土壌中の窒素含有量や窒素施用量が少ないと作物の生育が悪く、収量が上がらない。一方窒素が多すぎると生育、収量が低下するんじゃ。

例えばホウレンソウでは窒素施肥量(成分で)が2.5㎏/1a以上では収量が低下する。
適正な窒素含有量は作物の種類によって異なり、キャベツ等の葉菜類は窒素を多く必要とするが、水稲などは窒素に敏感で多いと倒伏しやすくなるんじゃ。

ホウレンソウのように生育途中で収穫するものは、収穫時に一定の無機態窒素が残っている状態でないと品質が低下するぞい。

②作物の品質、食味の低下につながる

窒素施用量が多いと人の健康面で良くないとされる(確固たる結論には至っていないが)硝酸態窒素含量が増加するとともに、総ビタミンCが低下する傾向がみられるんじゃ。

ワシの個人的な経験からいうと窒素施用量が多い農産物はえぐみを強く感じるし、保存した時に傷みやすいようじゃ。

③生育に障害が起きることがある

果菜類の窒素過剰障害としては、トマトやナスの落蕾、落果、トマトの乱形果、茎の穴あき、スイカのつるぼけ、イチゴの花芽分化の遅延などがあげられる。
葉菜類では、窒素過剰に伴い急速に生育が進み、芯葉へのカルシウム補給が遅れることによりハクサイ、セルリーの芯腐れ、キャベツの縁腐れが起こる場合があるんじゃ。
ハクサイの葉に黒い点が発生するごま症も施用窒素の増加によって増える傾向があるぞい。

④病虫害に罹りやすくなる

窒素が多すぎると軟弱徒長気味に生育し病虫害に罹りやすくなるとともに、過繁茂となることによって風通しが悪くなり、病気にかかりやすくなるんじゃ。
植物体に吸収され消化しきれない硝酸態窒素から発する匂いが害虫を呼ぶといわれておる。

窒素施肥の改善

窒素が過剰の場合は、窒素施肥量を減らすことが最も重要で、過剰の場合はクリーニングクロップを作付けし、窒素を吸収させたりする。
基本的畑に入れたものは足すことはできても、引くことはできん。
特に堆肥のようなものは長期間(複数年)に渡って肥効が続くから毎年大量投入すればいずれ窒素過剰となるから気をつけた方がよい。
また、図で示したように土中にある過剰な硝酸態窒素は地下へと流亡し、地下水を汚染することになる。
生育に大きく影響する窒素ではあるが適切に施肥することが重要じゃ。

次回は、これも肥料3要素の1つ。リン酸について学んでゆくぞい。

Twitterでフォローじゃ

おすすめの記事